ビジネス

 昨今ではモバイルへのシフトも進み,加速度をつけて激変していくゲーム業界の動きを多角的にお伝えします。
「ビジネス」タグの付いた記事では,業界動向一般に関わるニュースから各社の業績やIR情報まで,ゲーム業界の動きを広くまとめています。

ビジネスの記事を見る

「Control」を開発したRemedy Entertainmentが,同フランチャイズの全権利を505 Gamesから取得。新たなパートナーとの交渉へ

「Control」を開発したRemedy Entertainmentが,同フランチャイズの全権利を505 Gamesから取得。新たなパートナーとの交渉へ

 Remedy Entertainmentは2024年2月28日,「Control」フランチャイズの全権利を505 Gamesから取得したと発表した。買い取り価格は約1700万ユーロ(約27億6800万円)。同社は今後数か月間,新たなパートナーとなる企業と交渉するという。

Electronic Artsが650人規模のレイオフを発表。「スター・ウォーズ」の新作FPS開発を中止し,「バトルフィールド」関連スタジオも再編成

Electronic Artsが650人規模のレイオフを発表。「スター・ウォーズ」の新作FPS開発を中止し,「バトルフィールド」関連スタジオも再編成

 Electronic Artsが,全従業員の5%にあたる650人規模のレイオフを実施することを発表した。合わせて,Respawnが手がけていた「スター・ウォーズ」を原作とするFPSタイトルの開発をキャンセルし,「バトルフィールド」シリーズの新作を開発中だったスタジオを閉鎖することも明らかにされた。

NetEase Gamesが新たなゲームスタジオ「BulletFarm」を設立。CoDシリーズの開発で知られるDavid Vonderhaar氏がスタジオ代表に就任

NetEase Gamesが新たなゲームスタジオ「BulletFarm」を設立。CoDシリーズの開発で知られるDavid Vonderhaar氏がスタジオ代表に就任

 NetEase Gamesは本日,新たなゲームスタジオBulletFarmの設立を発表した。同スタジオは,FPS「CoD」シリーズの指揮を執った人物として知られるDavid Vonderhaar氏が代表を務める。協力プレイに重きを置くオリジナルの世界を舞台にした,AAA級新規タイトルを開発中であることも明らかにされた。

コロプラ,「ドラゴンクエストタクト」「ダンクロ」を手掛けるAimingと資本業務提携を締結

コロプラ,「ドラゴンクエストタクト」「ダンクロ」を手掛けるAimingと資本業務提携を締結

コロプラは本日(2024年2月21日),Aimingとの間で第三者割当増資引受け及び資本業務提携を締結したことを発表した。両社は,それぞれのオンラインゲームの開発及び配信に係る事業の成長を目的に,さらなる関係構築を進め,今後新たな事業機会の創出や両社の更なる企業価値向上を図るという。

「Marvel's Spider-Man 2」のセールスが1000万本を達成。PS5のハードウェア販売は緩やかに減速すると予想

「Marvel's Spider-Man 2」のセールスが1000万本を達成。PS5のハードウェア販売は緩やかに減速すると予想

 ソニーグループが2023年第3四半期決算を報告し,「Marvel's Spider-Man 2」が販売本数が1000万本を突破し,PC版を含めたシリーズ全体で5000万本を超えたと発表した。業績も好調だが,今後約1年間にわたってファーストパーティの主要タイトルがなく,ハード販売は緩やかに減少すると予想している。

「おねがい社長!」の世界累計収益が2億ドル(約300億円)を突破。日本のモバイルシミュレーションゲーム市場において3年連続で収益トップ

「おねがい社長!」の世界累計収益が2億ドル(約300億円)を突破。日本のモバイルシミュレーションゲーム市場において3年連続で収益トップ

Sensor Towerは本日,スマホアプリ「おねがい社長!」の分析レポートを公開した。本作は,香港のIYAGAMESが2020年7月から配信中の経営シミュレーションゲームだ。世界累計収益は2億ドルを突破しており,Sensor Towerは堅調な収益の要因として,有名タレントとのコラボや,生成AIを活用した広告を挙げている。

KADOKAWAがアクワイアを100%子会社化。スパイク・チュンソフト,フロム・ソフトウェアとの連携を推進し,ゲームラインナップの拡充を図る

KADOKAWAがアクワイアを100%子会社化。スパイク・チュンソフト,フロム・ソフトウェアとの連携を推進し,ゲームラインナップの拡充を図る

 KADOKAWAは2024年2月8日,2024年3月期第3四半期の決算を発表し,その中で,アクワイアを100%子会社化したことを明らかにした。アクワイアと協業関係にあるスパイク・チュンソフト,フロム・ソフトウェアとの連携を推進し,グループ全体の企画・開発力を強化し,ゲームラインナップの拡充を図る。

ディズニーがEpic Gamesに約2223億円を投資。「フォートナイト」を基盤とする複数年の協業を行うことを明らかに

ディズニーがEpic Gamesに約2223億円を投資。「フォートナイト」を基盤とする複数年の協業を行うことを明らかに

 米国時間2024年2月8日,ディズニーとEpic Gamesは,新しいゲームおよびエンターテインメントの世界を構築するために,複数年にわたる協業を行うと発表した。それにともない,ディズニーは,約15億ドル(約2223億円)を投資してEpic Gamesの株式を取得する予定であることも発表している。

Switchの国内販売台数がゲーム機史上歴代1位に。ニンテンドーDSの売上を更新し,3334万台の売上を記録

Switchの国内販売台数がゲーム機史上歴代1位に。ニンテンドーDSの売上を更新し,3334万台の売上を記録

 任天堂は2024年2月6日,「2024年3月期 第3四半期決算」を発表し,ゲーム機「Nintendo Switch」シリーズの国内累計販売台数が3334万台を突破したことを明らかにした。これは,国内のゲーム機販売台数では「ニンテンドーDS」シリーズの3299万台を超え,歴代1位の記録となる。

「ドラクエウォーク」が日本の位置情報ゲームの収益1位。世界の位置情報ゲームの約半分の収益を日本市場が占める

「ドラクエウォーク」が日本の位置情報ゲームの収益1位。世界の位置情報ゲームの約半分の収益を日本市場が占める

 データや分析環境を提供するSensor Towerは本日,2023年における各種スマートフォン向け位置情報ゲームの分析を公式ブログで公開した。2023年1月〜12月の日本における位置情報ゲームの収益トップは「ドラゴンクエストウォーク」で,その収益は約3億ドルを記録したそうだ。

【ACADEMY】モバイルユーザー獲得入門

【ACADEMY】モバイルユーザー獲得入門

AppQuantumのVladislavSamarin氏が,モバイルマーケティングの基礎について探る。ユーザー獲得部門の運営,代理店との協業,モバイルパブリッシングについても モバイルゲームシーンを制…

ラウンドワン,アミューズメント中心の小規模な新業態を検討へ。愛媛県立新居浜南高校の生徒による誘致活動を受けて

ラウンドワン,アミューズメント中心の小規模な新業態を検討へ。愛媛県立新居浜南高校の生徒による誘致活動を受けて

 ラウンドワンは,愛媛県立新居浜南高校の生徒による誘致活動に対する回答を公開した。それによると,通常店舗を出店するのは難しいものの,営業形態を工夫したうえでの小規模な店舗形態を,新居浜市ならびに同様の商圏規模地域に向けて検討していくとのことだ。

スクウェア・エニックスHDが2024年3月期第3四半期の連結決算を発表。売上高は前年同期比0.8%増,営業利益は同15.5%減

スクウェア・エニックスHDが2024年3月期第3四半期の連結決算を発表。売上高は前年同期比0.8%増,営業利益は同15.5%減

 スクウェア・エニックスHDは本日,2024年3月期第3四半期の連結決算を公開した。累計期間(2023年4月1日〜12月31日)の連結業績は,売上高は2576億円(前年同期比0.8%増),営業利益が349億円(同15.5%減)。アミューズメント事業や出版事業などは増収増益となったが,ゲーム事業の減収減益が響いた。

KLab,「パルワールド」で知られるポケットペアとハイブリッドカジュアルゲームの共同開発・運営を行うと発表

KLab,「パルワールド」で知られるポケットペアとハイブリッドカジュアルゲームの共同開発・運営を行うと発表

 KLabは本日,「パルワールド」で知られるポケットペアとハイブリッドカジュアルゲームの開発・運営を共同で行うことを公式サイトで明らかにした。ハイブリッドカジュアルゲームは,カジュアルゲームのシンプルさと,より長期間遊べるオンラインゲームのメカニクスを組み合わせたゲームモデルだ。

【ACADEMY】ゲームを作らずにゲーム業界に入る方法

【ACADEMY】ゲームを作らずにゲーム業界に入る方法

マーケティングから資金調達,コミュニティマネジメントまで,直接の開発職以外にも多くの役割やキャリアがある※この記事は,ゲーム業界での生活についての見識や,ゲーム業界に入るためのアドバイスを学生に提供す…

中国,オンラインゲーム規制案をウェブサイトから削除。これを受け,テンセントやNetEaseなどの株価が上昇

中国,オンラインゲーム規制案をウェブサイトから削除。これを受け,テンセントやNetEaseなどの株価が上昇

 ロイターによると,中国のゲーム業界規制機関である国家新聞出版署(NPPA)は本日,先月公表したオンラインゲームに関する包括的な規制案をウェブサイトから削除した。NPPAのウェブサイト上で22日には機能していた規制案へのリンクが,23日午前時点でアクセスできなくなったようだ。

小規模モバイルゲームはいかにして100万DLを達成したのか。「ローグウィズデッド」のマネタイズを学ぶ

小規模モバイルゲームはいかにして100万DLを達成したのか。「ローグウィズデッド」のマネタイズを学ぶ

 Indie Developers Conference 2023のセッション「100万DLを達成するための小規模モバイルゲームの開発と運営」のレポートをお届けしよう。Google Play ベスト オブ 2023のインディー部門で大賞を受賞した「ローグウィズデッド」は,どのような考えで開発され,どう運営されてきたのか。

「モンスト」,2023年下半期日本モバイルゲーム市場の収益1位。「FGO」「プロスピA」「ウマ娘」も,昨年に引き続き強さを示す

「モンスト」,2023年下半期日本モバイルゲーム市場の収益1位。「FGO」「プロスピA」「ウマ娘」も,昨年に引き続き強さを示す

 データや分析環境を提供するSensor Towerは本日,2023年下半期日本モバイルゲーム市場の分析レポートを公式ブログで公開した。Sensor Towerのデータによれば,2023年下半期日本のモバイルゲーム収益は,「モンスターストライク」が前年同期と同じく1位という結果になった。

任天堂,令和6年能登半島地震で被災した製品が対象の無償修理対応を6か月間実施。義援金5000万円の寄付も発表

任天堂,令和6年能登半島地震で被災した製品が対象の無償修理対応を6か月間実施。義援金5000万円の寄付も発表

 任天堂は本日,令和6年能登半島地震に伴う災害救助法適用地域の方々から依頼される同社製品の修理について,各地域の災害救助法の適用から6か月の間,無償で対応すると発表した。また,被災地への支援として,日本赤十字社を通じて義援金5000万円を寄付することも明らかにされている。

「崩壊:スターレイル」が2億ドル以上の収益成長を記録。Sensor Towerが,2023年日本モバイルゲーム市場の分析レポートを公開

「崩壊:スターレイル」が2億ドル以上の収益成長を記録。Sensor Towerが,2023年日本モバイルゲーム市場の分析レポートを公開

Sensor Towerは本日,2023年日本モバイルゲーム市場の分析レポートを公式ブログで公開した。Sensor Towerのデータによると,2023年1月から12月までの日本におけるモバイルゲーム収益成長量トップ10では,「崩壊:スターレイル」が1位となり,2億ドルを超える収益成長を記録した。

さらにビジネスの記事を見る