ビジネス

 昨今ではモバイルへのシフトも進み,加速度をつけて激変していくゲーム業界の動きを多角的にお伝えします。
「ビジネス」タグの付いた記事では,業界動向一般に関わるニュースから各社の業績やIR情報まで,ゲーム業界の動きを広くまとめています。

ビジネスの記事を見る

【ACADEMY】ハイパーカジュアルゲームをパブリッシャに売り込むには

【ACADEMY】ハイパーカジュアルゲームをパブリッシャに売り込むには

SupersonicStudiosのDanielleReichCohen氏が,ハイパーカジュアルゲームをパブリッシャに正しい方法で売り込むためのヒントを紹介する。 ハイパーカジュアルゲームのパブリッシ…

【月間総括】ゲーム機に襲い掛かる半導体不足の荒波

【月間総括】ゲーム機に襲い掛かる半導体不足の荒波

 今月は決算の話と,ゲーム機の品薄がなぜ深刻なのかという話を進めていきたい。 まず,ソニーグループであるが,ゲームに関しては増収減益となった。2020年の第2四半期はPS5発売前だったので,単価が高い…

【ACADEMY】パンデミックの中でパブリッシャを見つける:Zoom会議やデジタルイベントの海で目立つには

【ACADEMY】パンデミックの中でパブリッシャを見つける:Zoom会議やデジタルイベントの海で目立つには

パブリッシャが語る,ピッチをより印象的にする方法,そしてプラットフォームホルダー契約のリスクとリターン。 理想的な世界では,デベロッパはGDCやその他の業界イベントで,パブリッシャに直接売り込みをかけ…

[CEDEC+KYUSHU]マダミス,イマーシブシアター,謎解きゲーム。“体験型エンターテインメント”の現状を分析する講演をレポート

[CEDEC+KYUSHU]マダミス,イマーシブシアター,謎解きゲーム。“体験型エンターテインメント”の現状を分析する講演をレポート

 ゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC+KYUSHU 2021 ONLINE」,初日となる2021年11月27日には「体験型エンターテインメントとは何か? 〜広がるゲーム的手法〜」と題した講演が行われた。マーダーミステリーやイマーシブシアター,謎解きゲームといった新たなエンターテインメントの概要,ビデオゲームとの類似点などについて語られている。

【ACADEMY】ゲームスタジオを始める際に考慮すべき5つのポイント

【ACADEMY】ゲームスタジオを始める際に考慮すべき5つのポイント

FundamentallyGamesのEllaRomanos氏が,ゲーム開発のスタートアップのためのトップヒントを紹介する。 ゲームでの起業は厳しいものだ。とくにゲーム業界では,創業者は新卒者であれ,…

【ACADEMY】AAAからインディーズに移行する際の注意点

【ACADEMY】AAAからインディーズに移行する際の注意点

経験豊富なAAA出身だったMonsterClosetチームが,会社を設立する際の現実についてアドバイスをする。 最近は毎週のように,元AAAデベロッパが自分のスタジオを立ち上げたというニュースが流れて…

Xboxはいかにして現在もゲーム業界を変え続けているのか

Xboxはいかにして現在もゲーム業界を変え続けているのか

SarahBond副社長が語る,ゲームビジネスの変革と拡大に向けたブランドの取り組み。 私は,Xboxがノスタルジックな会社だとは思ったことは一度もない。 PlayStationは,ときおり確かにノス…

「株式会社24Frameの内情暴露日誌」第15回:プレゼンへの道

「株式会社24Frameの内情暴露日誌」第15回:プレゼンへの道

 西暦2009年,務めていた会社を辞めたものの,どうしていいか分からない僕は,企画書を書いては聞いたことのある企業に送り付けるという凶行に及んでおりました。2009年の華やかなるゲーム業界の一幕 意外…

【ACADEMY】受託開発ビジネスを成長させるには

【ACADEMY】受託開発ビジネスを成長させるには

StreamlineMediaGroupのAlexanderFernandez氏が,外部の開発スタジオを始める際に競合他社に差をつけるためのヒントを紹介する。 かなり前には,15人のチームでAAA級の…

スクエニHDが2022年3月期第2四半期(4月〜9月)の決算短信を公開。売上高は前年同期比2.2%減,営業利益は同7.9%減

スクエニHDが2022年3月期第2四半期(4月〜9月)の決算短信を公開。売上高は前年同期比2.2%減,営業利益は同7.9%減

 スクウェア・エニックス・ホールディングスは本日(2021年11月5日),2022年3月期第2四半期の決算短信を公開した。第2四半期連結累計期間(4月1日〜9月30日)の業績は,売上高が1689億円(前年同期比2.2%減),営業利益が291億円(同7.9%減),経常利益が314億円(3.1%増)となっている。

任天堂,2022年3月期第2四半期(4月〜9月)決算短信を公開。「あつ森」が牽引した前年同期と比較し減収減益

任天堂,2022年3月期第2四半期(4月〜9月)決算短信を公開。「あつ森」が牽引した前年同期と比較し減収減益

 任天堂は本日,2022年3月期第2四半期の決算を発表した。第2四半期累計の連結業績(4月1日〜9月30日)は,売上高が6242億円(前年同期比18.9%減),営業利益が2199億円(同24.5%減)。「あつまれ どうぶつの森」が牽引した前年同期と比較すると,減収減益となっている。

「株式会社24Frameの内情暴露日誌」第14回:24Frameの1年目

「株式会社24Frameの内情暴露日誌」第14回:24Frameの1年目

華やかなるゲーム業界とは一旦お別れ……? 株式会社24Frameも12周年を迎え,13年目に絶賛突入中です。もうそんなに経ったのか,と思いつつも細部の記憶はいまいち曖昧。何せ僕も12年目の13期開始か…

ゲーム特化型の新たな投資ファンド「EnFiグローバルイノベーティブテクノロジーファンド」を発表。ゲーム業界の新たな道筋を示せるか

ゲーム特化型の新たな投資ファンド「EnFiグローバルイノベーティブテクノロジーファンド」を発表。ゲーム業界の新たな道筋を示せるか

 EnFiは本日,新たな投資ファンドとなる「EnFiグローバルイノベーティブテクノロジーファンド」の組成を発表した。同ファンドは,日本初のゲーム特化型ベンチャーキャピタルであることが特徴で,投資の第1号として,フィンランドのゲーム特化型ファンド,Sisu Game Venturesに投資を行うという。

カプコン,2022年3月期第2四半期の決算短信を発表。売上高とすべての利益項目で過去最高を更新

カプコン,2022年3月期第2四半期の決算短信を発表。売上高とすべての利益項目で過去最高を更新

 カプコンは本日(2021年10月28日),2022年3月期第2四半期の決算短信を発表した。「バイオハザード ヴィレッジ」や「モンスターハンターストーリーズ 2」といった新作が業績向上のけん引役となったほか,アミューズメント事業も業績を拡大し,売上高とすべての利益項目で過去最高を更新している。

さらにビジネスの記事を見る