テクノロジー

 VRやAI,新型コンシューマゲーム機,クラウド技術とゲーム開発で使われる技術は幅広く高度に専門化してきています。
 「テクノロジー」タグの付いた記事では最先端のゲーム開発に必要な業界の最新動向や活用のための情報を中心にお届けします。

テクノロジーの記事を見る

シーグラフアジア2018,講演投稿募集開始

シーグラフアジア2018,講演投稿募集開始

 2018年12月4〜7日にわたって東京国際フォーラムで開催される予定の「シーグラフアジア2018」は,イベントで発表される論文投稿の募集を開始した。 シーグラフアジアは,コンピュータグラフィクス系の…

Vive ProにAR機能を追加する「Vive SRWorks SDK」発表

Vive ProにAR機能を追加する「Vive SRWorks SDK」発表

 先週,Viveの開発BlogでViveProに対応した新たなViveSDK「ViveSRWorksSDK」が発表されたが,そこではViveProのAR機能やサウンド機能などが追加されている。紹介時に…

Tencent,月間10億人利用のWeChatを外部開発者に開放

Tencent,月間10億人利用のWeChatを外部開発者に開放

メッセージングプラットフォームの月間10億人を超える利用者はサードパーティのゲームをプレイできるようになる。 Tencentは同社のメッセージングサービスWeChatを外部開発者に開放した。これは人気…

Leap Motion,独自ARヘッドセット「Project North Star」を公開

Leap Motion,独自ARヘッドセット「Project North Star」を公開

 LeapMotionは,独自仕様のARヘッドセット「ProjectNorthStar」のプロトタイプを公開した(参考URL)。 これは手や指の動きを検知するLeapMotionコントローラを搭載する…

カルチャライズとMicrosoftが韓国のために歴史を書き換えた理由

カルチャライズとMicrosoftが韓国のために歴史を書き換えた理由

GeogrifyのKateEdwards女史がゲームをグローバルにアピールする方法,そして万一物議を醸してしまった場合にどうすべきかについて語る。 中国では,赤はポジティブなものを表すために使われる。…

ValveはSteam Machineを諦めていない

ValveはSteam Machineを諦めていない

同社は売り上げが低調であることを認めたが,ストアから消えたのは,ルーチンのクリーンアップでしかないという。 Valveは,―SteamStoreから該当ページが消えたと広く伝えられているにもかかわらず…

「コンテンツ東京」開幕,日本のコンテンツ産業の最新情報を探る

「コンテンツ東京」開幕,日本のコンテンツ産業の最新情報を探る

 2018年4月4日,東京ビッグサイトで「コンテンツ東京2018」が開幕した。「コンテンツ東京」というのは,コンテンツ制作に関するさまざまなものをまとめて展示するイベントの総称であり,AI・人工知能E…

[GCC2018] Unity 2018は「カスタマイズ」で小さく速く多機能に

[GCC2018] Unity 2018は「カスタマイズ」で小さく速く多機能に

山村達彦氏 2018年3月30日,大阪にて「ゲームクリエイターズカンファレンス'18」が開催された。 本イベントは関西圏最大のゲーム開発者向け技術カンファレンスで,デジタルエンターテインメントクリエイ…

GDC 2018は参加者数の記録を更新,GDC 2019の日程も発表

GDC 2018は参加者数の記録を更新,GDC 2019の日程も発表

2万8000人の業界プロフェッショナルが先週サンフランシスコで開催されたイベントに参加した。2019年のGDCとVRDCの日時が発表された。 毎年サンフランシスコのMoxconeCenterに集まるゲ…

GDC初心者に贈るサバイバルガイド

GDC初心者に贈るサバイバルガイド

UnityTechnologiesのLizMercuri氏が最初のGDC体験を振り返る。※原文は昨年のGDC2017用に公開されたものです。しかし,GDC初心者にとって価値あるものなので再掲載されてい…

FacebookのInstant Gamesについて知っておくべき6つのこと

FacebookのInstant Gamesについて知っておくべき6つのこと

ChatterboxGamesのAdamTelfer氏がFacebookのInstantGamesのようなプラットフォームが直面する課題とチャンスについて解説する。 Facebookが初めてInsta…

中国インディーズゲームへの静かなる要請

中国インディーズゲームへの静かなる要請

SpotlightorInteractiveの創設者であるGaoMing氏はオリジナリティのためにゲーム開発シーンで戦い続けている。 2年前,私のゲームCandlemanは,350本以上のインディーズ…

Vive Proの使い勝手や対応コンテンツはどうなのか? 体験会レポート

Vive Proの使い勝手や対応コンテンツはどうなのか? 体験会レポート

 2018年3月1日,都内VRZONESHINJUKUでHTCの新型VRヘッドセットViveProを使ったコンテンツ「ギャラガフィーバー」のプレス向け体験会が開催された。コンテンツの詳細については,こ…

CEDEC,スポンサープログラムの募集を開始

CEDEC,スポンサープログラムの募集を開始

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は,日本最大のゲーム開発者会議「CEDEC2018」のスポンサープログラムを発表し,同時にスポンサー募集を開始した。 スポンサープログラムは,展示ブー…

CRI,ミドルウェアのDL専用タイトル向け料金プランを発表

CRI,ミドルウェアのDL専用タイトル向け料金プランを発表

 2018年2月28日,CRI・ミドルウェアは,同社のゲーム開発用ミドルウェアで,ダウンロード専用タイトル向けの料金プランを発表した。 対象となるのは,音声ミドルウェアADX2,動画ミドルウェアSof…

さらにテクノロジーの記事を見る