アート

 「アート」タグの記事では,グラフィックスやサウンド,映像など,アーティスティックな部分に携わる人のための情報を中心にまとめています。3Dモデリングやエフェクト処理,UIデザイン,モーションデザインなども含め,幅広い話題をお届けします。

アートの記事を見る

alive 2018公式サイト更新,イベント情報各種公開

alive 2018公式サイト更新,イベント情報各種公開

 2018年11月6日,Live2Dは同社の年次イベント「Live2DCreatorsConferencealive2018」の公式サイトを更新し,タイムスケジュールや講演の概要などの詳細情報を公開し…

12月29日,秋葉原で同人ゲーム展示即売会開催

12月29日,秋葉原で同人ゲーム展示即売会開催

 開催同人ゲーム製作者交流会は,2018年12月29日に東京・秋葉原のラジオ会館でゲーム展示即売会「12月29日ラジオ会館でゲーム展示即売会」を開催する。 同団体は,もともとその名の通り,関西を中心と…

アスク,V-Ray Next for Maya正式版リリースを発表

アスク,V-Ray Next for Maya正式版リリースを発表

 2018年10月26日,アスクは,V-RayNextforMaya正式版のリリースを発表した。 V-RayNextは,ChaosGroup製の定評のあるレイトレーシングソフトウェアV-RayをGPU…

CEDEC+KYUSHU,堀井雄二氏による基調講演決定

CEDEC+KYUSHU,堀井雄二氏による基調講演決定

 2018年10月24日,CEDEC+KYUSHU2018事務局は,「CEDEC+KYUSHU2018」の基調講演に堀井雄二氏が登壇することを発表した。堀井氏は,いわずと知れた「ドラゴンクエスト」の生…

Live2D,「Live2D Euclid」の販売・公開を停止

Live2D,「Live2D Euclid」の販売・公開を停止

 2018年10月16日,Live2Dは同社のアニメーションシステム「Live2DEuclid」の販売・提供を中止することを発表した。ライセンス購入者には返金措置が取られる。 Live2Dは,1枚の絵…

UNREAL FEST EAST 2018開催,Unrel Engineの活用事例が多数集結

UNREAL FEST EAST 2018開催,Unrel Engineの活用事例が多数集結

EpicGamesJapan代表河崎高之氏 2018年10月14日,神奈川県・パシフィコ横浜で「UNREALFESTEAST2018」が開催された。春の西日本,秋の東日本と年に1回ずつ行われているUn…

ゲーム制作はMedia MoleculeのDreamにとって始まりにすぎない

ゲーム制作はMedia MoleculeのDreamにとって始まりにすぎない

SiobhanReddy氏は我々になぜ発売予定のタイトルが,人々をゲームデベロッパ,映画監督,ミュージシャン,アーティストなどに変えようとしているのかを語ってくれた。 E32018での最も奇妙な体験は…

「Live2D Creative Awards 2018」公式サイトの情報更新

「Live2D Creative Awards 2018」公式サイトの情報更新

 2018年10月5日,Live2Dは,Live2D作品コンテスト「Live2DCreativeAwards2018」の公式サイトを更新した。 Live2DCreativeAwardsは,アニメーショ…

[TGS 2018]さあ立体で見るのだ。VR180版コンパニオン写真集(実験版)

[TGS 2018]さあ立体で見るのだ。VR180版コンパニオン写真集(実験版)

 さてさて,ゲームイベントというと……と,かつては決まり文句で写真集を記事を扱っていた(※4Gamerのほうで)。最近はコンパニオン写真集は卒業して若い者に任せているわけだが,はっきり言ってすでに飽き…

[TGS 2018]立体ディスプレイの映像はどう映るのか? VR180で見る実機映像

[TGS 2018]立体ディスプレイの映像はどう映るのか? VR180で見る実機映像

 すでにお伝えしているように,東京ゲームショウでは2種類の立体ディスプレイが登場していた。その映像をできるだけそのままにお伝えしようと,記事にはVR180形式の動画を貼り付けてあるのだが,残念ながら撮…

[TGS 2018]ガラスの中に浮かぶ映像? 完成度の高い立体ディスプレイLookng Glass

[TGS 2018]ガラスの中に浮かぶ映像? 完成度の高い立体ディスプレイLookng Glass

 今回の東京ゲームショウでの注目すべきハードウェアは,2つの立体ディスプレイだった。すでに紹介したVoxonPhotonics製品のような「本物」の立体表示ではないのだが,製品の完成度としてはむしろ高…

[TGS 2018]空間に本物の立体映像を描くVoxon Photonicsのテクノロジー

[TGS 2018]空間に本物の立体映像を描くVoxon Photonicsのテクノロジー

ブースの模様。VR180の再生環境がある人はこちらをダウンロードしてください 2018年9月20日から開催されている「東京ゲームショウ2018」では,これまでのディスプレイとはまったく異なる立体ディス…

[CEDEC 2018]ゲーム開発マニアックス:レイトレでゲームはどう変わっていくのか?

[CEDEC 2018]ゲーム開発マニアックス:レイトレでゲームはどう変わっていくのか?

 今年のCEDEC,ひいてはゲーム業界でのひとつのトピックが「レイトレーシング」なのは間違いないだろう。まだ一般人の手の届くところにはきていないわけだが,すでに既存のPCゲームでのレイトレーシング対応…

釜山で見た韓国インディゲーム大躍進の未来「BIC 2018」レポート

釜山で見た韓国インディゲーム大躍進の未来「BIC 2018」レポート

 2018年9月13日から16日にかけて,韓国・釜山にてインディゲーム開発者向け展示会「BusanIndieConnect(BIC)2018」が開催された。 釜山の海雲台(ヘウンデ)区は,近年再開発が…

レビューツール「Brushup」が3Dレビューに正式対応

レビューツール「Brushup」が3Dレビューに正式対応

 2018年8月30日,Brushupはレビューツール「Brushuo」の3Dレビュー機能を正式公開した。 この機能では,3D制作で多用されるAutodeskのMayaで作成された3DモデルをWebブ…

[CEDEC 2018]「プリンセスコネクト!Re:Dive」制作事例から学ぶ,UIを高速かつ高品質に作るためのプロトタイプ開発

[CEDEC 2018]「プリンセスコネクト!Re:Dive」制作事例から学ぶ,UIを高速かつ高品質に作るためのプロトタイプ開発

 神奈川県のパシフィコ横浜で開催されたゲーム開発者向けカンファレンス,「CEDEC2018」。その3日めとなる2018年8月24日,アニメRPGを謳って配信中のスマートフォン向けRPG「プリンセスコネ…

クリーク・アンド・リバー,女性向けゲーム制作のセミナーを開催

クリーク・アンド・リバー,女性向けゲーム制作のセミナーを開催

 クリーク・アンド・リバーは,2018年8月4日にジークレストと共同で,女性向けゲームコンテンツの制作をテーマにしたゲームクリエイター向けのセミナーイベント「女性向けゲーム制作のこだわり 女性の心を掴…

さらにアートの記事を見る