企画

 「企画」タグの記事では,ゲームデザインやシナリオ作成などといった仕事で,ゲーム性を決めるさまざまな職種(プロデューサー,プランナー,ディレクター,シナリオライターなど)の人に向けた情報をまとめています。

企画の記事を見る

ゲーム業界から離れたいですか?

ゲーム業界から離れたいですか?

EADICEやRovioで活躍したPatrickLiu氏はもはやゲーム業界にいない。キャリア・チェンジを考えている読者諸氏に,Liu氏からのアドバイスをお贈りする。 読者の皆さんが職場で退職を発表した…

VRにキラーアプリは必要か?

VRにキラーアプリは必要か?

 カジュアルゲームのカンファレンスでValveのChet Faliszek氏は,VRのキラーアプリは特定のタイトルではなく,App Storeのような柔軟性がその役割を果たすのではないかと語った。

CEDEC2017のテーマと技術開発ロードマップ発表。講演者公募も開始

CEDEC2017のテーマと技術開発ロードマップ発表。講演者公募も開始

 2017年2月1日,コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は,8月30日から開催される日本最大のゲーム開発者会議「CEDEC2017」のテーマと最新のゲーム開発技術ロードマップを公開し,本日より講演者募集を開始した。

バイオハザード7:批評家たちのコンセンサス

バイオハザード7:批評家たちのコンセンサス

バイオハザードシリーズ10年の系譜で最も恐ろしいゲームと口を揃えて絶賛。 新しいResidentEvil(以下,バイオハザード)が発表になったが,ゾンビだけが足を引きずって登場してきたのではない。ここ…

「スーパーマリオ ラン」が逃したチャンス

「スーパーマリオ ラン」が逃したチャンス

 公開初日に1000万ダウンロードを記録した「スーパーマリオ ラン」だが,多くの投資家やアナリストは悲観的だ。ここではマリオブランドの潜在力や特異なプレミアムモデルについて分析している。

CEDEC 2017は2017年8月30日開催決定。講演者募集開始

CEDEC 2017は2017年8月30日開催決定。講演者募集開始

 CESAは国内最大のゲーム開発者会議「CEDEC2017」の開催を2017年8月30日より行うことを発表した。CEDEC2017は,例年通り,場所は神奈川県・パシフィコ横浜で水曜日から金曜日までの3…

オープンワールドのナラティブをVR用に変えていく

オープンワールドのナラティブをVR用に変えていく

 Other Ocean Interactiveの「Giant Cop:Just the Above All」に立ちはだかるハードルと,チームがそれをどのように越えていくのかについてMarc McGinley氏が語る。

[JVRS2]「VR/ARはゲーム/エンタメから各産業へ花開く」レポート。VR/AR技術は生活をどう変えていくのか

[JVRS2]「VR/ARはゲーム/エンタメから各産業へ花開く」レポート。VR/AR技術は生活をどう変えていくのか

 2016年11月16日,グリーとVRコンソーシアム主催によるVR事業者向けイベント「Japan VR Summit 2」が都内で開催された。そこからエンタメ業界からノンゲームへの拡散を扱ったセッションの模様をレポートしてみたい。

業界未経験者が1年半で派遣社員から契約社員に登用,ゆくゆくは正社員にも。セガゲームス「ファンタシースターオンライン2」チームへの転職事例を紹介

業界未経験者が1年半で派遣社員から契約社員に登用,ゆくゆくは正社員にも。セガゲームス「ファンタシースターオンライン2」チームへの転職事例を紹介

 GamesIndustry Japan Editionでは,シリコンスタジオと協業で人材サービス「GamesIndustry Agent」を展開している。では実際の転職の実態はどういうものか。セガゲームスのオンラインRPG「ファンタシースターオンライン2」チームへの転職に成功した事例を紹介しよう。

子供たちはいつ子供であることをやめるのか?

子供たちはいつ子供であることをやめるのか?

 子供向けゲームは子供に売るべきか親に売るべきか? 「キッズマーケットへ向けた効果的なゲーム制作」というパネルディスカッションで挙げられた設問は興味深い回答を引き出していた。

John Romero「ゲームのせいじゃない。銃が悪いんだ」

John Romero「ゲームのせいじゃない。銃が悪いんだ」

 「DOOM」のオリジナルデザイナーとして知られるJohn Romero氏は,ビデオゲームのバイオレンス,マルチプレイヤーモード,そしてゲームとは何なのかという,常に議論される問題について語った。

Japan VR Summit 2の概要発表。各界の次なる取り組みと中国の動きにも熱い視線

Japan VR Summit 2の概要発表。各界の次なる取り組みと中国の動きにも熱い視線

 2016年9月29日,グリーとVRコンソーシアムは都内で「Japan VR Summit 2」の報道関係者向け事前説明会を開催した。Japan VR Summitは,今年5月に第1回が開催され,第2回が11月16日に開催される予定だが,その開催概要が公開された。

ARはVR市場の未来であるのか?

ARはVR市場の未来であるのか?

 VRの,没入性があり過ぎるほどの性質は商業的な可能性を制限しかねない。ARはその溝を埋められるテクノロジーになりえるのではないだろうか。

さらに企画の記事を見る