Opinion:任天堂のE3に欠けていた一つのもの

今回は再び任天堂にとって強力なE3となった,しかし,少しのハードウェアがあればすべてはまったく変わっていただろう。

 今年は任天堂にとってはいつもとちょっと違うE3だった。

 2019年を代表する一つの主要なゲーム(法的には任天堂のゲームではないポケモンを除く)を見せる代わりに,今回は今年のコンテンツラインナップの幅に焦点を合わせていた。ルイージマンション3とゼルダの伝説:夢をみる島,今後のスーパーマリオメーカー2とファイアーエムブレム風花雪月,さらにいくつかのより小さく,よりターゲットを絞ったサードパーティ製品の詳報があった。

 ときには日本のゲームに少し偏っているように感じたが,すべての人のために何かがあった ― アジアのファンのために始まったSmash Brosのキャラクターでさえ,最終的には西洋のファンのためのものになったのだ。

 インディーズゲーム,ライセンスゲーム,暴力的なゲーム,家族向けのゲームなどがあった。バンジョーとカズーイだけでなく,新しいMinecraft(以前の2日間はXboxステージで公開されていた)にも,Microsoftが登場している。


「E3のSwitchラインナップを見ると,すべてのゲームに共通点があることに気付く。それらのほとんどすべてが3DSゲームの続編なのだ」

 そして,もちろん,新しいZeldaの発表で締めくくることは,世界中の任天堂ファンの心を奪うことになる。たとえ開示された内容が最終的にごくわずかなものであっても,人々に話をさせることが保証されている看板作品だ。

 一つの失望は間違いなくどうぶつの森の遅れだった:新しい発売日は,2019年から2020年3月になった。それでも,ルイージマンションは有望に見え,今年もたくさんのゲームが予定されているので,数か月ずらして会計年度を力強く終結させるのもおそらく簡単な決断になるだろう。

 ということで,今回は任天堂のためのちゃんとしたショウだった。しかしそれでもなお足りないものがあった。そして,それはプラットフォームホルダーが事前に出展しないと警告していたもの:新しく,より安いSwitchだ。

 E3のSwitchラインナップを見ると,すべてのゲームに共通点があることに気付く。それらのほとんどすべてが3DSゲームの続編なのだ。どうぶつの森が遅れても,ポケモン ソード&シールド,ルイージマンション 3,Fire Emblem:Three Houses,そしてファイアーエムブレム風花雪月のようなゲームは,今では実に衰弱した任天堂の携帯ゲーム機用ゲームの続編だ。
 
 それはおそらく意図的な戦略というよりも開発サイクルの気まぐれによるものだろうが,これは任天堂にとって,7500万強の3DSプレイヤー層を新しいゲーム機にアップグレードするためのよい機会を生み出すだろう。その内容は確かにそれを可能にする。

 ただし,ニンテンドースイッチは依然として高価なハードウェアである。それは金額分の価値を提供するだろうが,3DSがそのライフサイクルの大半を通じてそうであったような,エントリーレベルのデバイスではない。より手ごろな価格のSwitch本体を開発中であるという報告が繰り返されている。コストを引き下げるためには,オリジナルのハイブリッドな性質,またはそれを形作っているツールの少なくとも一部を削除する可能性があるだろう。

 もちろん,まだ,そしてたぶん近いうちにチャンスが訪れる可能性がある。ニンテンドーダイレクトの映像ならいつでも起こりえる。やるべき最後の微調整が残っている場合,それは別にE3でやる必要はない。さらに,E3はもっとメインストリームの顧客をターゲットにしたエントリーレベルの製品を発表するには最適な場所ではないという正当な議論もある(世界のメディアはここに集まるが)。

 しかし,ニンテンドーが2019年(そして2020年初め)に推し進めているゲームでは,まだSwitchに移行していない3DSプレイヤーが,提供されているものに興味をそそられることになるだろう。彼らはそれらをプレイするために適切なゲーム機を使用することができる。そしてそれが現れるまで,それは任天堂にとっての素晴らしい年に欠けている要素であるように感じられるのだろう。

※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら