The Game AwardsでXbox Series X正式発表

Ninja TheoryはHellblade: Senua's Sacrificeの続編をこのゲーム機用に開発している。

 The Game Awardsでは,XboxヘッドのPhil Spencer氏がステージに登場し,次のXbox本体であるXbox Series Xの名前と,より公式な外観を明らかにした。

 新しい技術的スペックは示されていないが,新しいゲーム機の最初の外観と,2020年のホリデーシーズンでの発売時期が再確認された。

 Xbox Series Xの公開に加えて,Spencer氏は,その機能を最大限に活用するために開発されたゲームの1つも発表した。2018年にMicrosoftに買収されたNinja Theoryは(関連英文記事),Hellblade:Senua's Sacrificeの続編に取り組んでおり,それをSenua's Saga:Hellblade IIと名付けている。

 Xbox Series Xのその他の詳細は,E3 2019でProject Scarlettとして発表されている(関連英文記事)。そこでは,Xbox One Xの4倍強力で,60fpsおよび最大120fpsのフレームレート,8K,次世代レイトレーシング,可変リフレッシュレートのサポート,SSDが「仮想RAM」として使用されるとしていた。当時,Spencer氏は「ゲームに100%焦点を当てる」,Halo Infiniteはローンチタイトルになると述べている。

 発表後のプレスリリースでは,新しいXboxワイヤレスコントローラに新しく[共有]ボタンが含まれ,Xbox OneおよびWindows 10 PCと互換性があり,すべてのXbox Series Xに含まれることが明らかになった。また,このゲーム機は「クラウドの未来のために設計されている」ことにも言及されている。

 ソフトウェアレベルで,MicrosoftはXbox Series XがすべてのXbox Oneゲーム,アクセサリと互換性があり,世代を超えた実績,保存,Xbox Game PassおよびXbox Game Studiosタイトルのすべてが世代を超えてサポートされることを明らかにしている。 「4世代にわたる何千ものお気に入りのゲーム」もサポートされるが,そのクロスプラットフォーム処理の詳細は明らかにされていない。

 最近,Project Scarlettは1台ではなく2台のゲーム機であり,コードネーム「Anaconda」(おそらくThe Game Awardsで見たもの)と,ダウンロード可能なゲームとXbox Game Passを組み合わせて,より安価なディスクレス機として計画されている「Lockhart」の2種類だという話も再浮上している(関連英文記事)。

Xbox Series X
The Game AwardsでXbox Series X正式発表

記録のため:この記事は,Xbox Series Xのプレスリリースの詳細を含めるように出版後に更新されました。

※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら)