Amazon.com,ゲームにクロスプラットフォームの対戦機能を加えるサービス「Amazon GameOn」を発表

Amazon.com,ゲームにクロスプラットフォームの対戦機能を加えるサービス「Amazon GameOn」を発表
 2018年3月20日,Amazon.comの日本法人であるアマゾンジャパンは,クロスプラットフォーム対応の対戦ゲーム用サービス「Amazon GameOn」を発表した。
 Amazon GameOnは,Amazon Web Servicesのクラウドを基盤とするサービスで,Amazon.comが提供するAPIを利用してPCや据え置き型ゲーム機,モバイル端末向けゲームに対戦機能を組み込むことで,クロスプラットフォームの対戦ゲームを実現するという。
 Amazon GameOnの利用料金は,2018年5月1日までは無料,それ以降で最初の6か月間も無料とのこと。6か月間以降の利用には,1プレイあたり0.003ドルの費用がかかる。

 ゲーム内に対戦プレイのスコアボードや,リーグ戦,複数ラウンドからなる対戦プレイを実装するための機能を用意しているのに加えて,ゲーム運営者側が国や地域ごとの対戦を作成する機能や,ゲーマーやゲーム実況者が対戦を作成して他のプレイヤーを招待するといった機能を,ゲーム内に組み込むことも可能だそうだ。

Amazon GameOnが提供する主な機能
Amazon.com,ゲームにクロスプラットフォームの対戦機能を加えるサービス「Amazon GameOn」を発表

 もう1つ,いかにもAmazon.comのサービスらしい機能として,Amazon GameOnには,Amazon.comで販売されている現実の商品を対戦ゲームの賞品として提供するための仕組みを用意していることが挙げられていた。
 もっとも,現実の商品を提供する機能は,発表時点で利用できるのは米国のみとのこと。日本国内で利用できるようになるのかは公表されていない。

Amazon.comのAmazon GameOnページ(英語)



#### 以下,リリースより ####

クロスプラットフォームの対戦ゲームの開発とプレイを可能にするクラウドベースの新しいサービス"Amazon GameOn"を提供
柔軟な API を活用し、ゲームへの対戦モードの追加が簡単に
Amazon GameOn は友人や家族の間での対戦プレイなど、対戦モードによる楽しさを数多くのゲーム プレイヤーに提供

Amazon は本日、ゲーム開発者を対象としたクロスプラットフォームの対戦ゲーム用サービスである"Amazon GameOn"を発表しました。Amazon GameOn にはモバイル、PC、コンソール用ゲームに対戦モードを組み込むことのできる柔軟な API が用意されています。また、AWS のクラウドインフラ上に構築され、また、あらゆるオペレーティングシステム(OS)に対応していることから、ゲーム開発者が迅速にゲームの規模を拡大し、本来の目的である優れたゲームの開発に、より多くの時間を使うことができるようサポートいたします。

対戦型ゲームやeスポーツは世界中で急速に普及しています。Amazon GameOnはゲーム開発者向けに、より多くのプレイヤーが参加してゲーム内での勝利を競い、そして Amazon サイト内にある実際のアイテムを賞品として獲得できるようになる 使いやすいツールを提供します。また、このサービスはゲーム開発者向けに、プレイヤーによるゲームへのエンゲージメントをさらに高める手段を提供します。Amazon GameOn は現在、スコアボード、リーグ戦、複数ラウンドによる対戦をサポートし、またローカルや地域ごとの対戦など、カスタムイベントの作成にも対応できる柔軟性も備えています。さらにゲーム開発者は、プレイヤーやストリーム配信者が自ら対戦を作成して参加者を招待する機能をゲームに組み込むことで、プレイヤーがフレンドとつながり、ゲーム上でのネットワークを広げることができます。

*このサービスの提供開始時点では、Amazon からの実際のアイテムを賞品として提供する機能は米国内のみです。日本でのこの機能の提供開始時期は未定です。

Amazon GameOn は現在、nWay社、Game Insight社、Eden Games社、Umbrella Games社、Nazara社、Mindstorm社、Mokuni社、Avix社、GameCloud Studios社により、さまざまなジャンルのカジュアルゲームやコアゲームで使用されています。これらのゲームのプレイヤーは、スコアボードやリーグ戦で、GameOn が実現する優れたメリットをすでに体験しています。**

無料のモバイルマルチプレイヤーゲームを開発する nWay社は、『Saban's Power Rangers: Legacy Wars』への Amazon GameOnによる対戦モードを組み込みました。また、『V-Rally』や『Test Drive Unlimited』など、世界で最も大きな成功を収めているレーシングゲームを開発したEden Games社は、『Gear.Club』内で実施する対戦モードの規模を拡大するために Amazon GameOn を使用しています。**

** 一部のアプリゲームは日本ではご利用できない場合があります。

Amazon GameOn は、ゲームプレイヤーから大きな期待が寄せられている『Vector Unit』と『Lima Sky』の続編向けに対戦モードを提供します。また Canvas Games、Superpower、PlaySide Studios、Asmodee Digital が近く提供予定のゲームでも Amazon GameOn の技術を活用し、対戦モードをそれぞれのファンに提供する予定です。ゲーム開発者は2018年5月1日までGameOn APIを無償で使用できます。それ以降は最初の6か月間は無料、さらにそれ以降は1プレイあたり0.003米ドルが課金されます。Amazon GameOn、Amazon のパートナー、料金設定については https://developer.amazon.com/ja/gameon (英語版)をご覧ください。

Amazon Competitive Gaming のディレクターであるマリア・クープマンズ(Marja Koopmans)は次のように述べています。
「ゲーム開発者からは、プレイヤーのエンゲージメントと継続性を高めるための手段をいつも問われていました。Amazon GameOn は対戦型ゲームの実現を通じてコミュニティを育成するためのシンプルでありながら強力な手段を開発者に提供します」